« 費解的未知數 | トップページ | の中の月 »

2014年2月12日 (水)

ていた

誕生日の日に、心からの祝福の後、互いにすべて遊んだのはとても楽しくて、アルコール麻酔の後の私達、部屋全体に叫ぶ狂叫んで、すべての人に対して分別がない、たとえ最も優しい女の子も、そのケーキ非情なて、すべての人はすべてかもしれない思う存分、心からの笑顔!その時、私は自分を忘れたことも知らないのは間違った、どんな話……ただぼんやり覚えていて、そのテーブルを連れて、出てきたのは全身のケーキ、そしてビールの味hk-study overseas
出て行くほどの1段の道を、多くの人の多くの人、そして1つの交差点で、すべての交差点を殘した「さよなら」の人は、最後まで私のそばには、いくつかの女の子で、酔った見て条路地の中でその後ろ姿、おかしいがある舎てた感じ……酒は本当に良いものが人に麻酔という暴言」、また「飲酒による告白」!。
覚えて、彼女に誕生日のその日、じゃないと、雪が降った……2010年の最初の雪、例年よりもっと遅い。より遅い!おそらくそれはすべての人の眠る時そっと来る、私にとって、私はそれが来るのを迎えた!午前1時、満天の雪が降ると聞いて、ただこのようにしてやっと人に酔ってもっとしっかりしていて、任雪が降る髪。服には、全く感じない少しの寒さ、雪が降るところに立って、空気が異常にはっきりと、アルコールの後に、知らない自分がどうしてここに?気持ちだけは頭痛がひどいhk-employment overseas
友達が言っていた:人生、ある選択が正しいが、自分が苦しんで、例えば彼女!ある選択はミスをしても自分を後悔しないように手伝って、例えば一日考えてどうに学校に行って酒の兄弟。!今思えば、仏洛訳徳とかもしれないのも無理はない!も、すべての人は、縁がないのに、わざとのすれ違いも振り返ると、自分と言う声:淡い万事気にする必要はない、すべては通り雨、今日振り返って過去を、誰が言うには、あれはかつて1度の喜劇?かつての偽りの自分を偽装するすべての人は依然として覚えて私を見て笑って、毎回ちょっと勇気を探して自分を慰める。が数年後の今日/じゃ雪の降る夜に、どうして心が痛みますか海外短期課程
いつが一番悲しい時?どうかと兄弟達と別れた時?やはり彼女の時?吐いて、笑いのちょっとかわいそうだ……次の日はまた、彼女は彼女| | |彼女の誕生日、同級生の結婚式、友達のパーティーに……高校の時は殘り少ないかもしれないが、私はこのように酔った…………しかし……私は1つの無の悔の高校……兄弟姉妹達が私から共同を描いた一枚の美しい山水画…………私はあなたが好きです香港女傭公司

« 費解的未知數 | トップページ | の中の月 »

はミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ていた:

« 費解的未知數 | トップページ | の中の月 »

無料ブログはココログ