« の中の月 | トップページ | なんて若い »

2014年2月14日 (金)

たように、

2013私は何度あなたを夢に見て、やはり2013望ま貯金しました。殘念ながら、2014の初の朝、カーテンを開いた瞬間、私は確定して来た、満目の白、静謐で、輝いて、明るい、私は大喜びで、1年のを換えてきた年始の春の雪。もしそのために雪に情を送って、ふと「若死だけ」傢俬設計
私は雪が大好きで、雪が好きなので雨と違って、往来の無痕、濃淡の足跡を雪の上に、覚えているすべての雪の刻印を刻むすべての雪で生の物語で廚櫃
ぼんやりと、脳裏の中で再生してすべての雪のある影幕は、断片につながり、やはり琼枝玉叶ように目がくらむ。昔のようにゆっくり雪泥の鴻爪で、その年の冬の雪のように天のドラマ、冥冥中企画て毎回異常は出会い、はっと隔世の私だけ臨む宮廷の感、幻想中和あなたが終わる1曲弾くの弾き語りてあの曲箱入りの夢。あの夜私に白い衣服、長髪や腰、静画ルージュ淘寶代購、観など蒲英こぼれた雪のように、まるで一枚の雪は1部の思い合い、限りない思いをそそる。イラク人のをお待ちしており、桐琴を取り出し、弾いておなじみのその過ちの曲に伝わって、琴の巷で、喜びが泣いて、あなたに会ったそっと歩いたことがあって、私は同様に振り返るに憂鬱多情な目、たとえ空一面の雪もむだには温和で、あの時、私は確信してあなたは私のの英雄、あなたを幾重にも足かせを振り回している手の剣にしようと、全て断ち切る世俗だけが、今私の手で切り裂いて足かせからして、私を連れて、私はいろいろ喜び、手に手を伸ばして桐琴、あなたとして、ただこの一握りのは一生添い遂げるのを承諾して、私を寄せ、全力で感じて君の中の温度を考えて、黙って、どのような執着を換えて今のぬくもり、恐らく失ったように、巢その胸、静かに聞いてあなたの鼓動、一緒に落ちる集運……
歩いたか分からないくらい、唯美の画面に止まっていて、思わず笑って、何年もまだ子供に童話のような夢が、活動して首を見上げた、灰色の日、さぞかし白雲姉も情殇、また散らばりた心は少しこぼしをすべて多情正当妙齢の女性、彼女たちもユートピアの世界に夢中に思いを馳せる一回Nutrition
私もこの雪見、春の雪は、ハード、ただ屋にはしたくない、心の中は涙の跡。

« の中の月 | トップページ | なんて若い »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: たように、:

« の中の月 | トップページ | なんて若い »

無料ブログはココログ