« ていた | トップページ | たように、 »

2014年2月14日 (金)

の中の月

どんなことをして、責任感がないならば、必ずはできない。――題言
また私は待ちに待った冬休み、完成した山はひと山の丘のように多い宿題が、妙に現れた座は山の一般の高い練習。天気の寒いと心の上調子私逃げなければならないこの飽きの授業で、私は待っていてパソコンの前に飛んでいくと、ようやくパソコンで遊んで、勉強の圧力が大きすぎて、今はこの重圧娯楽の中で少しずつ消えていってしまうでしょ!
私が感じて静かに時、どのみち知らず知らずに窓から外を見ると、その温和な陽光を寝室のガラス、おもむろに撒き散らす進寝室、ぬくもり溢れ全体の寝室。私は手で触ったりしてこの温かみの日光、それがまるで私とかくれんぼのように、僕の視線から消え、離れた私の寝室。この時の私は1種の口に出せないの愉悦感、たちまち間に忘れていたすべての悩みや損得は、正に「寵辱め諧忘れ」だ!
天気がだんだん遅くて、夕日のように酔っ払って、ふらふらと歩いてきたと西の山々、引きとめての傾斜の光り、人々の話にはしゃぐ声、声を構成する副調和の景。温もりをだんだん離れ寝室、私はかすかに感じて外の最後の1筋の日光が私に言った:"先生配置の冬休みの宿題君はまだ終わってない。ゲームは日々、あなただけしかできないそれを使用し、遊ぶの娯楽を保って自分の気持ちを喜び、ではそれを使用するとしては時間の無駄を満たすために自分のわずかなツール虚栄心。どんなことをして、責任感がないならば、必ずはできない。「いっしんほど恐ろしいものはない人」で、意図しない難しいので、責任は非常に重要な。ゲームを遊んで明日が、もしあなたは明日宿題をするなら……」
話が終わらないうちに、その温和な日差しのような流れの河川、行きっきりに間に合わないと別れ、殘り疲れの私は前に娯楽の気持ち。その温和な光を見て、その最もまばゆい時が消え、誰がこの世界に来たことを覚えていてそれか?
まもなく、月影に揺れて、星が点々、空には星がいっぱい掛かってわずかの。私は空を見上げながら星河を見て、空の中の月にかかる。この瞬間に、私から星空を見上げて。私は発見し远梦責任心は遠くない限り、私は背伸びが届く著。私と責任心、1粒を担当したい、担当の責任感を、私はありますか?私はひっきりなしに自分に聞いて。いや。私が確かに正解するたびに、私は恨みを探して穴が入ってない。責任感のない私は真剣に宿題をやっても天候寒さと心の上調子を理由に逃げていた。私の心の中はとても恥ずかしくて、を自分の責任感がない。
私たちはそんなに一瞬思ってよく勉強して、しかしいつも三日坊主と、すぐにそれを置き去りにして、それによってまたあの自分を責める。そのため私達は今から勉強するあれらの優秀な品質、学会社会に立脚し。

« ていた | トップページ | たように、 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: の中の月:

« ていた | トップページ | たように、 »

無料ブログはココログ